60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

ビタミンKで高齢者の死亡リスクが19%も変わるぞ!という研究の話

 

ビタミンKで高齢者の死亡リスクが19%も変わるぞ!という研究の話

「ビタミンK」って普段意識してないですよね?
 
ビタミンCとかBについては、取った方がいいんだろうなって感じじゃないですか。
 
今回は、ビタミンKをちゃんと取っている高齢者は、死亡リスクが19%も低かったという研究の話です。
 
若いうちから気をつけておくに越したことはないですからね(笑)。
 
この記事の内容
・ビタミンKと高齢者の死亡リスク
・ビタミンKを補給しよう
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

約4,000人をメタ分析

約4,000人をメタ分析

 
タフツ大学の2020年の研究では、54~76歳を対象とした過去の研究をメタ分析しました。約4,000人分のデータです。
 
13年間の追跡と死亡率をチェックし、ビタミンKの血中濃度によって、5段階のレベルに高齢者を振り分けました。
 
メタ分析の結果は
1.ビタミンKが最も低いレベルの人は、最も高いレベル人と比較して、死亡率リスクが19%高かった!
ビタミンKの摂取が少なくなればなるほど、死亡リスクは高まるということなんですね。
 
研究者によると、ビタミンKの不足が血管組織の弾力性に影響を与えるからだそうです。
 
つまり、ビタミンKが不足すると動脈硬化が起こる可能性があるということですね。
 
ビタミンKが不足しないように注意しましょ。
 

ビタミンKを補う方法

ビタミンKを補う方法

ビタミンKの摂取が、血管と死亡リスクに影響を与えることがわかりました。
 
ではビタミンKを補給するにはどうすればいいのか?ということで、ビタミンKが豊富な食材はこちらです。
・レタス
・ほうれん草
・ケール
・大豆油
・キャノーラ油
これらの食材はビタミンKを多く含んでいますが、大豆油とキャノーラ油は「オメガ6」と呼ばれる体内の炎症を誘発する成分が含まれているので、避けた方がいいかも。
 
ほうれん草やレタスなどの緑黄色野菜を、ガンガン食べていただくのがいいかと思います。
 
野菜はどうも苦手で、という方にはサプリで補う方法がありますよ。
 
上記の野菜を普段あまり食べていないという方は、ビタミンKが不足している可能性がありますので、こちらのサプリを試してみてくださいね。
 
基本的にビタミン系のサプリは「不足している人が取ると効果がある」ものなので、すでに十分ビタミンKを摂取できている方は必要ないですよ!
 
参考文献
M Kyla Shea et al.(2020)Vitamin K status, cardiovascular disease, and all-cause mortality: a participant-level meta-analysis of 3 US cohorts

にほんブログ村 健康ブログへ