60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

作業用BGMは逆効果?脳のパフォーマンスを上げる音楽の聴き方を科学的に解説!

作業用BGMを正しく活用する方法

 

作業用BGMはいいなあ、作業が効率よくこなせちゃう。

本当にそうかな?最新の研究によると、「人によっては逆効果になる」こともあり得るそうだよ。

ええっそうなんですか?私は大丈夫ですかね?不安になってきた...。

OK。今日は「作業用BGMの脳に合わせた使いかた」を解説するよ!

こんな悩みがある人におススメ

「作業を効率良くこなしたい」
「作業用BGMの効果を知りたい」

この記事の内容
・作業用BGMが効果的な脳のタイプを解説
・あなた脳のタイプを診断
・脳のタイプに合わせた作業用BGMのオススメ活用法
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antosha2n)

年間2000本を超える研究論文を読んで、科学的な根拠をベースにブログを書く知識マニア。コーヒーと猫に目が無い。

 

作業用BGMを聴いてもOKな脳のタイプとは?

作業用BGMを聴いても大丈夫な脳?

 
ニューヨーク市立大学などの2019年の研究では、150人の学生を対象にまずは脳が外部刺激に強いかどうかを調べました。
 
外部刺激に強いというのは、言い換えると「飽きっぽさ」を調査したんですね。
 
その後「単語のリストからAを探す」などの「簡単な作業」と「単語のペアを覚える」といった「複雑な作業」に取り組んでもらいました。その際に、次の3パターンの環境で作業に取り組んでもらったんですね。
 
1.無音
2.シンプルな音楽 ピアノ、弦楽器、シンセサイザーで構成
3.複雑な音楽 シンプルな音楽にベースとドラムが追加
 
音楽に歌詞はありませんでした。その結果わかったことは、
 
実験の結果
1.外部刺激に弱い人、つまり「飽きっぽい人」は作業中に音楽を聴くとパフォーマンスがだだ下がりだった!
2.外部刺激に強い人、つまり「飽きにくい人」は、音楽を聴くとパフォーマンスがアップした!
3.さらに飽きにくい人は、「単純作業をする」なら「複雑な音楽」を聴いた方がパフォーマンスアップし、「複雑な作業」なら「なんの音楽」でもパフォーマンスアップした!

外部刺激に弱い脳を持つ人、言い換えると「飽きっぽい人」は作業用BGMで生産性がダウンしてしまったんだね。逆に外部刺激に強い脳を持つ人、つまり「飽きにくい人」は、作業用BGMを聴くことでパフォーマンスがアップした、というわけだね。

なるほどですね。脳の違いのよって効果はまるっきり変わってしまうんですね。

さらに注意点として、歌詞付きの音楽は避けるべきなんだ。詳しくこちらの記事を読んでほしいが、脳の情報処理の妨げとなってしまうんだね。

なるほど、歌詞付きの音楽は作業の邪魔になる可能性が高いんですね。

POINT
「飽きっぽい人」:無音で作業する!
「飽きにくい人」:歌詞の無い音楽を聴いて作業する!
あわせて読みたいwww.bookoflifehack.com

作業用BGMを聴いてもOKか?脳のタイプを診断

作業用BGMを聴いても大丈夫な脳?かを調べる質問

飽きっぽい人は作業用BGMを聞かない方がいいとわかったけど、自分がどっちのタイプか知りたいよね?

もちろん知りたいです!調べる方法があるんですか?

あるよ。BPS(退屈偏向スケール)という質問でわかる。今回はわかりやすくなるように、アレンジしてしまったから、正確に調べたい人はググってみてね。

 

BPS(退屈偏向スケール)

次の質問に1~7点で点数をつけてください。「めっちゃ当てはまる」なら7点、「全然違う」なら1点で、「どちらとも言えない」なら4点です。
 
  1. 自分が行っている作業に集中するのは難しい
  2. 作業中に他のことが気になることが頻繁にある
  3. 時間はいつもゆっくりと流れていると感じる
  4. なにをしていいのかわからず、自分を持て余しているような気分のことが多い
  5. 後で振り返ると無意味なことをしていたと思うことがある
  6. 他人のホームムービーや旅行のスライドを見るのはとても退屈だ
  7. いつも無計画で、何をしていいかわからない
  8. 一人で楽しむのは苦手だ
  9. しなければならないことの多くが、単調で繰り返されるものだ
  10. 何かをやり始めるには、人よりも多くの刺激が必要だ
  11. やっていることのほとんどに喜びを感じない
  12. めったに自分の仕事に興奮しない
  13. 何もせず、ただ座っていることが多い
  14. 辛抱強く待つことは苦手だ
  15. どんな状況でも、なにかやることを見つけたり、興味を保つことができる
  16. 時間はあるのにすることがない、ということがよくある
  17. 行列に並んだり、待ったりするのはウンザリだ
  18. 朝起きるとアイデアが浮かぶようなことはほとんどない
  19. ワクワクするような仕事を見つけるのは難しい
  20. 人生でもっとやりがいのあることを見つけたい
  21. 自分の能力以下の仕事をしていると感じることがよくある
  22. 人から「クリエイティブで想像力がある」と評価されたことはほとんどない
  23. 興味の範囲は広くないので、あれもこれもやりたい!となることはない
  24. 友人たちのなかでも何かを継続するのが苦手な方だと思う
  25. 非常に興奮するような「スリルのある出来事」が無いと、退屈で死にそうだ
  26. 心からの幸福を感じるには、変化やバラエティが必要だ
  27. テレビや映画のやっていることは変わらない、古臭い存在だと感じる
  28. 若いころにはしばしば単調で退屈な状況にあった
以上です。すべての質問の点数を合計してくださいね。
 
点数がでましたか?大体100点が平均で、80~120ぐらいに収まると思います。点数が高いほど、「飽きっぽい」ということになり、「脳が外部刺激に弱い」ということになります。
110点以上の方は、作業用BGMは聞かない方が作業が捗ると思いますよ!
 

ちなみに私は61点でした(笑)。

僕は122点でした....作業用BGMを聴くのはやめますね。

残念だったね。でも作業の効率を上げる方法はまだあるから、脳のタイプ別の作業用BGM活用法を解説していくよ!

脳のタイプ別作業用BGMのオススメ活用法

では、あなたの脳のタイプに合わせた「作業用BGMの活用法」を解説していくよ!

お願いします!

1.外部刺激に強いタイプの人

外部刺激に強い脳の人

外部刺激に強いタイプの人、つまり「飽きにくい脳の人」は、ドラムやベースの入ったアップテンポなビートを聴くのかオススメですね。
 
音楽は「記憶力と読解力にネガティヴな影響」がありますか、「気分をブーストできる」ので外部刺激に強い方は、そのメリットを最大限活かすことが可能です。
 
POINT
「飽きにくい脳の人」はアップテンポな音楽でノリノリで作業しよう!
 
 
 
 

2.外部刺激に弱いタイプの人

外部刺激に弱いタイプの人、「飽きやすい脳の人」は音楽を聴かずに作業するのがオススメです。
 
理由は、脳のリソースが音に持っていかれてしまうからなんですね。脳が音や光などの刺激に反応してしまうので、注意力がそがれて「集中力がダウン」してしまいます。
 
そこで、「作業前に音楽を聴く」ことをおススメします。
 
音楽準備法
1.作業の10~15分前に音楽を聴いて気分を上げておく
2.作業中は無音状態で作業
3.作業の合間に音楽を聴いて、気分を高める
4.2と3を繰り返す
 
ウェールズ大学の研究をもとにした学習法ですので、ぜひ取り入れてみてください。
 

へえー。飽きやすいタイプの人は、「作業前に音楽を聴く」ようにすればいいんですね?

そうそう。作業中は無音で、作業の前に音楽を聴いて感情を高めるメリットだけをいただくわけだね。

POINT「飽きやすい人」は作業の前に音楽を聴いておく

作業用BGMの正しい活用法まとめ

作業用BGMを正しく活用する方法まとめ

今回は作業用BGMの正しい使い方について解説してきたけど、ポイントをまとめると、

 
POINT
1.作業用BGMが効果的がどうかは脳のタイプによる!
2.外部刺激に強いタイプの人なら、歌詞の無い曲を聴こう!
3.外部刺激に弱いタイプの人なら、無音状態で作業しよう!
4.外部刺激に弱いタイプの人は、作業前にBGMを聴いておこう!
 

覚えてくれたかな?

バッチリです。これで僕もサクサク作業を進められますよ!みててください。

そういえば、君はかなり「外部刺激に弱い脳」を持っていたね?君みたいなタイプは、「生活音」「エアコンの音」などに気づかないうちに脳が反応してしまって、「脳のパフォーマンスが下がっている」可能性があるよ。

そんなあ、踏んだり蹴ったりじゃないですか・・。

大丈夫。「ノイズキャンセリング機能付きのイヤホン」を使えばいいんだ。高性能な製品なら「かなりの雑音を軽減してくれる」から、集中力を高めてくれるはずだよ!

うう・・。バイト代が入ったら購入を検討しますよ。

それでは、作業用BGMをうまく活用して「面倒な仕事や勉強をサクサク片付けちゃいましょう」ね!ではまた。

おススメのノイズキャンセリングイヤホン
参考文献
Gonzalez, Manuel F and Aiello, John R(2019)More than meets the ear: Investigating how music affects cognitive task performance.