60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

あなたが砂糖をステビアに変えるべき3つの理由【簡単ダイエット】

あなたが砂糖をステビアに変えるべき3つの理由【簡単ダイエット】

 

ゴールデンウィークずっと家にいたら太っちゃった・・

こんな方も多いんじゃないでしょうか?
そんなあなたにおススメするダイエット法が、砂糖をステビアに置き換える「ステビアダイエット」です!
 
ステビアは自然由来の甘味料で、甘みは砂糖の300倍近くあることがわかっています。このステビアが砂糖と比べて健康に良いとする研究が豊富にあるんですね。
 
過度の砂糖の消費は、「食欲の暴走を招き、肥満につながる」ので、ステビアダイエットでこれ以上太ることを防いでいただきたいところ。
 
今回は、「砂糖をステビアに置き換えるメリット」を3つ解説します!
この記事の内容
・砂糖をステビアに置き換えるメリット
・ステビアとは
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

 
 

ステビアダイエット3つのメリット

ステビアダイエット3つのメリット

砂糖をステビアに置き換えるメリットを、3つ解説します。

1.カロリーが低い

ステビアとは、カロリーが低い甘味料で「砂糖の10分の1以下」なんですね。
 
甘味は強いのにカロリーは控えめなんて、砂糖よりも断然お得だと思いませんか?
 

2.ステビアは血糖値と糖尿病も改善する

2.ステビアは血糖値と糖尿病も改善する

ステビアには血糖値を上げるどころか下げる効果もあったらしいんです。

2010年の研究では、18歳から50歳の11人を対象にスクラロースとステビアを比較して食後血糖値を調査しました。
 
その結果、ステビアは血糖値を低下させたんですね。
 
さらにデンマークの2004年の研究では、ステビアがインスリン抵抗性を改善し糖尿病の改善にも有利な証拠がありました。
 
いやあすごい効果ですね。健康食品と言っていいのでは?

3.ステビアは肥満と脂肪肝疾患を改善する

3.ステビアは肥満と脂肪肝疾患を改善する

 チルドレンズホスピタルロサンゼルスの2020年の研究では、マウスを対象に、
1.砂糖とスクラロース
2.砂糖とステビア抽出物
 
の健康への影響を比較しました。その結果ステビアのみが、
1.ブドウ糖のレベルを低下させた!
2.肝脂肪疾患の指標を改善した!
3.細胞レベルのストレスの減少させた!
 
砂糖と比較して、ステビアは肥満と脂肪を改善した!ということになるんですね。
 

ステビアダイエットまとめ

ステビアダイエットまとめ

今回は砂糖と比較してステビアのメリット3つ解説しましたが
ポイント
1.ステビアは甘みが強くカロリーが低い
2.ステビアは食後の血糖値を下げ糖尿病の改善につながる
3.ステビアは脂肪肝疾患の改善もできる
とこのようにステビアは肥満と、肥満から発生する病気に対して有効な効果があるといえます。
 
具体的な行動としては、普段の料理に使用したり、コーヒーに入れるお砂糖をステビアに置き換えていただくのが、よろしいかと思います。
 
甘みが強いので少し入れるだけでも充分だと思いますのでうまく調整してみてください。
ステビア
 
砂糖をステビアに置き換えるのに慣れてきたら、さらに健康になるダイエットである「パレオダイエット」に挑戦してみませんか?
 
加工食品を摂取するのはやめて、健康的な肉体を手に入れて自然に痩せていくと言うライフスタイルを目指したダイエットです。
 
 「パレオダイエットのやり方を経験者が解説!食べていい食材一覧をリストアップ!」の記事で詳しいやり方を解説してますので、気になる方は参考にしてみてください。海外ではすでにブームになっているダイエット法で、体内からきれいになることができますよ!それではまた。
 
関連記事
参考文献
Dong Xi et al.(2020)Rebaudioside affords hepatoprotection ameliorating sugar sweetened beverage- induced nonalcoholic steatohepatitis
Abudula R et al.(2004)Rebaudioside A potently stimulates insulin secretion from isolated mouse islets: studies on the dose-, glucose-, and calcium-dependency.
Anton et al.(2010)Effects of stevia, aspartame, and sucrose on food intake, satiety, and postprandial glucose and insulin levels.

にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へにほんブログ村