60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

【ストレス対策】人は変われると知るだけでも18%ストレスに強くなる

【ストレス対策】人は変われると知るだけでもストレスに強くなる

徐々に日常が戻ってきましたが、リモートワークが続いている人、売り上げが下がって苦労している人など、まだまだ仕事や経済の面では、厳しい状態が続いていると思います。
 
こんな状態では、慢性的なストレスに晒されてしまいます。慢性的なストレスは全身の炎症を引き起こし、あらゆる病気の原因となってしまいかねません。
 
そこで今回は、ストレス対策を紹介したいと思います。人間の脳は「変われる」と知るだけでもストレスに強くなるという話です。
 
ストレスフルな自覚がある方は要チェックですよ。
 
この記事の内容
・変われることを知ってストレスが低下
・ストレスを減らす方法
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

ストレスホルモンが低下した!

ストレスホルモンが低下した!

 
テキサス大学のデビッド・イェーガーの研究では、10代の学生205人を集めて、2つのグループに分けました。
 
片方のグループには以下のような介入を行いました。
1.人間の脳は変化するという脳科学のビデオを見て学ぶ
 
2.先輩の書いたエッセイを読む。内容は、若い頃の辛い体験も、時間が経てば乗り越えられるんだ!状況は変えられるんだ!というもの。
 
3.後輩へのアドバイスとしてエッセイを書く。内容は、辛い経験にどう対処すればいいか?
これらの介入を行った7か月後に、学生たちのストレスホルモンの量をチェックした結果は、
1.介入グループの学生は、ストレスに対処する能力がアップした!
 
2.介入グループの学生は、ストレスホルモンが18%低下した!
 
3.介入グループの学生は、ついでに成績も上がった!
ちょっとした介入でも、7か月後まで効果があったのは驚きですよね。
 
成績が上がった理由は、ストレスが減ってワーキングメモリが解放されたからだと思います。
 
ワーキングメモリは学習のベースとなる能力で、ストレスの影響を受けやすいんですね。
 
ワーキングメモリについて知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。
 

ストレスを減らすオススメの方法

ストレスを減らすオススメの方法

 
今回は変われると知るだけでもストレスを減らすことができるという話でした。
 
今回の知識を実践するには、例えば会社員の方なら、
1.先輩に若い頃の大変な経験を尋ねる。そしてどう乗り越えたのか?を教えてもらう。
 
2.新入社員や後輩に向けて、自分の過去の辛い体験と対処方法を書いてあげる。
これらのアクションに取り組んでみてください。
 
後輩に向けて書く必要あるの?と思うかもしれませんが、重要なポイントなんですね。誰かに向けて書くことで、客観的な視点が生まれるんです。
 

運動でストレスを減らす

またストレスを減らす方法として、体動かすのがおススメです。
 
公園で散歩するのも良いですが、私も毎朝行っている「HIIT」に取り組んでみるのはいかがですか?
 
短時間で高い脂肪燃焼効果を期待できます。忙しいあなたにピッタリですね。
 
多くの研究で健康への効果が実証されていますので、最近体の調子が悪いなという方にぜひ取り組んでほしいです。
 
詳しいやり方はこちらの記事で解説しましたので、ぜひチェックしてみてください。

ストレス対策に役立つ本

最後に、ストレス対策に役立つ本として鈴木氏の「超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド」をおススメしておきますね。
 
呼吸法から食事まで、100種類のストレス対策法が解説されています。毎日違うストレス解消法を試してみるのもいいかもしれません。
 
普通のストレス対策後に飽きた、なんて方はぜひチェックしてみて下さい
 
おススメの本
参考文献
David S. Yeager et al.(2016)How to Improve Adolescent Stress Responses: Insights From Integrating Implicit Theories of Personality and Biopsychosocial Models

にほんブログ村 健康ブログへ