60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

おススメのミックスナッツは?選び方の3つのポイントを解説!

おススメのミックスナッツは?選び方の3つのポイントを解説!

 

どのミックスナッツを買えばいいの?おススメを教えて欲しい。

こちらの記事で、1日14gのナッツでダイエット効果が期待できるよ!という話をしたのですが、今回は「ミックスナッツ選びの3つのポイント」を解説します。

 

早速ですがポイントは、

1.植物油を不使用である

2.ピーナッツを含まない

3.小分けの袋になっている

この3点です。なぜこれが大事なのか?とおススメの商品を解説していきますね。

 

関連記事
この記事の内容
・ミックスナッツ選びのポイント
・おススメのミックスナッツ
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

ミックスナッツ選びのポイント①植物油不使用

ミックスナッツ選びのポイント①植物油不使用

 

ミックスナッツ選びのポイントその1は、植物油が不使用であることです。

 

ミックスナッツには「オメガ3」と呼ばれる脂肪酸が多く含まれるのですが、このオメガ3は「オメガ6」と呼ばれる脂肪酸の影響を受けます。

 

具体的にはオメガ3とオメガ6を「2:1」のバランス以上になるように、オメガ3を多く摂取して、オメガ6の摂取を減らしたいんですね。

 

植物油には「オメガ6が多く含まれる」ので、オメガ3を増やすためにミックスナッツを食べる意味が無くなっちゃうんです。

 

ですから、健康になるためにミックスナッツを食べるのであれば、植物油不使用のものをチョイスするのがベターとなります。

 

ミックスナッツ選びのポイント②ピーナッツを含まない

ミックスナッツ選びのポイント②ピーナッツを含まない

 

ミックスナッツ選びのポイントその2は、ピーナッツは含まないことです。

 

実はピーナッツは「種」に分類され、他のナッツ類は「木の実」に分類されるんですね。

 

そのため、ナッツの健康効果の研究でも「ピーナッツ以外のナッツの健康効果」が、別に検証されていたりするんですね。

 

つまり、ピーナッツは「他のナッツと違う性格を持っている」ので、注意が必要なんです。

 

ミックスナッツ選びのポイント③小分けになっている

ミックスナッツ選びのポイント③小分けになっている

 

ミックスナッツ選びのポイントのラストは、小分けになっていることです。

 

理由はシンプルです。「ミックスナッツはカロリーが豊富」だから。

 

例えば、

100gのミックスナッツのカロリー:606.8kcal

吉野家の牛丼並盛のカロリー  :652kcal

100gのミックスナッツなんて、気が付くとうっかり食べちゃったりしますが、牛丼並盛食べちゃうのとたいして変わらないんですね!

 

行動経済学の「ナッジ」と呼ばれる手法なのですが、「摂取カロリーを減らしたいなら、皿を小さくするのが一番」ということで、小分けの袋に入っているものをおススメしますね。

 

ナッジについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでね。

 

関連記事

ミックスナッツ選びまとめとおススメの商品

ミックスナッツ選びまとめとおススメの商品

 

今回はミックスナッツの選び方のポイント解説しましたが、もう一度確認すると、

ポイント

1.植物油不使用!

2.ピーナッツ無し!

3.小分けになってる!

以上です。この条件をもとに選んだ、おススメの商品を紹介しておきますので、気になるものを購入していただいて、小腹が空いたときにでも、一袋つまんでいただくのがおススメです。

低糖質ロカボナッツ

ロカボナッツ月間30袋入り

ロカボナッツチーズ入り

ロカボナッツ小魚入り

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ