60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

認知症のリスクはライフスタイルで60%も変わる

 

認知症のリスクはライフスタイルで60%も変わる

 
こんなあなたにおススメの知識
・頭を良くしたい人
・将来認知症になりたくない人
・ライフスタイルの改善に興味のある人

認知症は怖い...

みなさんは物忘れは激しいタイプですか?
 
物忘れが止まらなくなってしまうのが、アルツハイマーなどの認知症です。大切な思い出も無くなってしまうのは悲しいですよね。
 
私の祖母も、もう私のことをあやふやにしか記憶していません。しょうがないですね。
 
今回はライフスタイルによって、認知症の発症リスクは60%も変わるかもしれないという話です。
 

 

ライフスタイルで認知症リスクは変わる

ライフスタイルで認知症リスクは変わる

 
ラッシュ健康老化研究所が2020年に行った研究では、計2,765人の高齢者を対象に、以下のライフスタイルと認知症の発症の関連性について調査しました。
・食事→マインドダイエットのガイドラインを40%以上守っているか
 
・週に150分以上の中強度以上の運動
 
・飲酒→男性は1日30g以下のアルコール摂取、女性は1日15g以下のアルコール摂取
 
・タバコを吸うかどうか
 
・認知活動→頭を使う活動を行っているかどうか
分析の結果は、
1.1個以下しか達成していない人と比較して、2~3個の達成の人は37%認知症リスクが低下した!
 
2.1個以下しか達成していない人と比較して、4個以上達成した人は認知症リスクが60%低下した!
 
3.1項目達成するごとに、平均27%認知症リスクが低下する!
健康なら暮らしは、認知症の予防に大きな効果が期待できるんですね。どれかひとつでもいいので改善を始めていきたいですよね。
 

ライフスタイルを改善しよう

ライフスタイルを改善しよう

 
認知症の予防のためにも、ライフスタイルを改善していただきたいところです。
 
項目ごとに改善のアイデアを考えてみました。

食事

食事はこちらの記事のMINDダイエットのガイドラインに従って、改善していただくのがよろしいかと思います。
 
まずは週に1日から始めて、週4日ぐらいまで増やせれば認知症の予防には効果があると思いますよ。
 
今から始めても、集中力や記憶力を高める効果が期待できますので、ぜひ試してみてくださいね。

運動と認知活動

運動は早歩きを毎日20~30分ほど行っていただきたいですね。僕のオススメはゴルフですね。
 
運動改善と認知活動の改善を同時にできるのが、ポイントです。くれぐれもラウンド後のビールの飲み過ぎには気をつけてくださいね。
 
認知活動は、将棋やクロスワードパズルでもOKなので、好きなものにチャレンジしてみてください。
 

禁煙と禁酒

こちらは少しずつ減らしていくしかないですね。アルコールはビールであれば「2杯まで」を目安にまずは減らしていきましょ。
 
とはいえ、悪い習慣を止めるのは非常に難しいことです。失敗は当たり前だと思った方がいいです。
 
そこで役立つ本として「短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術」をオススメします。悪い習慣を止める方法、他人の悪い習慣を辞めさせる方法が解説されていますので、何度も禁煙に失敗しているという方はぜひ読んでみてください。
 
原因は意志の弱さでは無いことがわかって安心できるはず。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた。
 
おススメの本
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

参考文献
Klodian Dhana et al.(2020)Healthy lifestyle and the risk of Alzheimer dementia

にほんブログ村 健康ブログへ