60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

国や肌の色が違っても人ってそんなに変わらないよね!という研究の話

国や肌の色が違っても人ってそんなに変わらないよねという研究の話

 
差別問題で世界が揺れていますね。
 
アフリカ系アメリカ人のために坊主にしようなんて、デマのキャンペーンもあるらしいです。
 
差別問題のベースは「俺とあいつは違う」という感覚ですが、今回の研究は「国が違っても経験や感じ方は変わらない」というものです。
 
世界62か国を対象とした調査を紹介しますね。
 
この記事の内容
・62か国の経験を調査
・人はそんなに違わない
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

62か国の経験を調査

62か国の経験を調査

 
まず、2016年に「7時の世界」と呼ばれる、世界20ヵ国を対象とする調査が行われたんですね。
 
参加者に「前の日の夜7時に何してた?」と質問した結果は、
1.体験や経験の、国と国の違いは予想よりも小さく、同じ国民同士は思ったより似ていなかった!
というものでした。
 
そして、今回カリフォルニア大学は、世界62か国、15,318人に対象を拡大して調査しました。
 
今回の質問は「昨日のよく覚えている体験」について。
 
回答は全体的に「穏やかでポジティブ」なもので、「国の違いは小さく、同じ国民でもバラつきがある」という前回の研究を補強するものでした。
 
簡単に言うと、人間は国が違っても同じ様に過ごすし、同じ様に感じて生きているってことですね。
 
そして、同じ国の中でも全く同じ様に感じるわけでもないんです。
 
肌の色の違いだけで、区別したり、差別する理由は無いわけですよ。
 
大事なのは内面ですよね。
 
ちなみに、最も世界の国とかけ離れているのは「日本」だったそうですよ(笑)。
 
さらに、7時の世界の調査では、国民同士が最も似ているのが日本人だったんですが、今回は62か国中56位と大幅に低下して、研究者を困惑させたそうです。
 
もしかして、日本人ヤバい?
 

人間はそんなに変わらない

人間はそんなに変わらない

 
というわけで、国が違っても人間は同じ暮らして、似たようなことを感じることがわかったわけです。
 
つまり、国籍や肌の色で区別しても意味がないよねってことです。
 
その人自身の内面や、信念が問われる時代になりつつあると思います。
 
僕は飲食で10年フリーターしてたので、色々な国籍の子に仕事を教えてきました。覚えてるだけでも
・中国
・韓国
・ネパール
・フィリピン
・ベトナム
・タイ
・ミャンマー
・エチオピア
これだけいます。日本人にもいろいろいるように、同じ国籍でも性格や考え方は様々でした。
 
自慢じゃないですが、トラブルになったことは一度もありませんでした。
 
僕はただ「否定」をしなかっただけです。彼らの文化や考え方を尊重したうえで、日本の文化や会社のルールも尊重してもらう。
 
それだけでいいんです。
 
どっちが正しいとか「正義」を振りかざすから、揉めるし争いになる。
 
どっちも正しいし、どっちも間違ってることに気づいて欲しいですね。
 
主張するんじゃなくて対話する、話を聞く
 
世の中がこんなふうに変わっていくといいな、と今回の研究を読みながら思ってました。それではまた。
 
参考文献
Daniel I. Lee et al.(2020)Situational Experience around the World: A Replication and Extension in 62 Countries

にほんブログ村 健康ブログへ