60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

ダイエットに5倍も差がつく「3つの体質」の違いを理解して効率よく痩せる方法

ダイエットに5倍も差がつく「3つの体質」の違いを理解して効率よく痩せる方法

なんであの人はたくさん食べてるのに太らないの?くやしい!

たくさん食べてるのに太らない人っていますよね。
 
うらやましいですよね。私も太りやすい体質なので気をつけています。
 
実は体質によって太りやすさは全く変わってしまうんですね。3種類の体質の違いを解説していきます。
 
この記事の内容
・3つの体質の違い
・各体質の特徴を解説
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

体質で5倍の差がつく?

体質で5倍の差がつく?

 
遺伝的に人間の代謝によって3つの体質があるんですね。ご両親の体型に注目。
外歴葉型 太りにくい体質
中胚葉型 筋肉質な体質
内胚葉型 太りやすい体質
1994年の研究では、外胚葉型と内胚葉型の人に12週間同じ様に筋トレしてもらったのに、筋肉の増加量に5倍の差がついたそうです。
 
簡単な体質の診断方法を紹介します。それなりに正確に測れますので参考に。
 
利き手の親指と中指で反対の手首を掴んでみてください
外胚葉型:親指と中指が楽々重なる
中胚葉型:親指と中指がくっつく程度
内胚葉型:親指と中指がかなり離れる
 
各体質の特徴を解説していきますね。
 

外胚葉型の特徴は?

外胚葉型の特徴

 
痩せやすい体質が外葉型です。エネルギーを吸収しにくいため、太りにくいですがその分ガス欠を起こしがちなので注意。
 
・外胚葉型の外見的特徴
手足が長い
筋肉質ではない
体重は軽めで華奢
意外に体脂肪がある
 
・外胚葉型にオススメのトレーニング
筋トレ 筋肉はかなりつきづらいですが、体型の維持と健康的なメリットが大きいです。
 
・外胚葉型におススメの食生活
朝食をしっかりとるといいかも 朝はエネルギーが不足しがち
水分もしっかり
温野菜 生よりも温野菜の方が消化がよくておススメ。
夕食の脂肪は少なめに こちらも消化の問題が理由
集中力が落ちたら、チョコやキャンディーで糖分を補給
 
外胚葉型の人のポイントは、しっかりエネルギーを補給することと、筋トレで筋肉を維持することですね。
 

中胚葉型の特徴は?

中胚葉型の特徴

 
筋肉が付きやすいのが中胚葉型の人の特徴です。私も中胚葉型の人間ですね(笑)。
 
・中胚葉型の体型的特徴
すぐに筋肉がつく
瞬発力や体力に自信
胴長で手足が短い
スポーツマンが多い
 
・中胚葉型にオススメのトレーニング
ランニング
HIIT ハードな有酸素運動ですね。
ヨガ
ピラティス
 
・中胚葉型におススメの食生活
おやつは控えめに
ミネラルも積極的とるバランスの良い食事 ミネラルが不足して、メンタルが不安定になりがち
 
中胚葉型の人のポイントはストレスを抱えやすいので、ハードな運動とミネラルの豊富な食事でストレス対策ですね。食べ過ぎたら当然太りますよ!
 

内胚葉型の特徴は?

内胚葉型

 
残念ながら太りやすいのが、内胚葉型の人の特徴です。エネルギーの効率が抜群に良くて、カロリーをたくさん吸収してしまうんですね。
 
・内胚葉型の体型的な特徴
丸みを帯びたぼっちゃりさん
エネルギーの効率が良い
体脂肪率が上がりやすく、体重も増えやすい
 
・内胚葉型のオススメトレーニング
クロスフィット
HIIT ハードなものがオススメ
 
・内胚葉型のオススメの食事
炭水化物は控えめに
野菜をたっぷり 生野菜でも温野菜でも
お菓子は控えめに
朝食は食べておこう
 
内胚葉型の人のポイントは、とにかく太りやすいのでカロリー管理をキッチリやって、ハードなエクササイズに取り組むこと
 
 

3つの体質とダイエットまとめ

3つの体質とダイエットまとめ

今回は体質の3タイプと、体質に合わせたダイエット法を紹介しました。
 
自分の体質を見極めて、正しい戦略を用いることが効率よくダイエットするポイントです。
 
こちらの記事で過去のダイエット系のエントリをまとめましたので、参考にしてください。
 
理想のボディの実現に向けてコツコツやっていきましょ。
 
関連記事
 
参考文献
Van Etten LM et al.(1994)Effect of body build on weight-training-induced adaptations in body composition and muscular strength.

にほんブログ村 健康ブログへ