60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

ADHD発症の原因は不健康なライフスタイルだ!という研究の話

ADHD発症の原因は不健康なライフスタイルだ!という研究の話

うちの子ども大丈夫かしら?

じっとしてられずに、フラフラとしてしまう、忘れ物が多い、お子さんを見るとをもしかしてうちの子ADHD?なんて不安になるんじゃないでしょうか?
 
ADHDのはっきりとした原因はわかっていませんが、予防に役立ちそうな研究があります。
 
今回は不健康なライフスタイルを送る子どもは、ADHDだと診断される確率が高いという研究の話です。
 
この記事の内容
・ADHDとは
・子どものADHDとライフスタイルの関連
・ADHD予防のためのライフスタイル改善のポイント
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

ADHDとは

ADHDとは

 
ADHDとは、注意欠如・多動性障害と呼ばれるもので、次の3つの特徴があります
不注意
多動性
衝動性
言い換えると、おっちょこちょいで、落ち着きが無くて、わがままですね。
 
一般的には7歳より前から症状が現れて初めて、12歳頃には症状が落ち着きだすそうです。
 
しかし、大人になってもADHDの症状で苦しんでいる人も多いようですね。
 
お子さんが疑わしい場合は専門の医師に相談してくださいね。
 
今回の研究では、不健康なライフスタイルを送る子どもは、このADHDと診断される可能性が高かったんです。
 

ADHDの発症とライフスタイルの研究

ADHDの発症とライフスタイルの研究

 
アルバータ大学の2020年の研究では3436人の、11歳の子供を対象に調査を行いました。
 
ライフスタイルに関する9つの項目を満たしているか?と、14歳の時点でADHDと診断される確率を分析したんですね。9つの項目は
・野菜を十分摂取しているか
・果物を十分摂取しているか
・肉を食べ過ぎていないか
・代替品を食べ過ぎていないか
・飽和脂肪を摂りすぎていないか
・砂糖を摂りすぎていないか
・身体活動は十分な量か
・睡眠時間は十分か
・スクリーンタイムは多すぎないか
分析の結果は、
1.9項目のうち7つ以上のライフスタイル項目を満たす子供は。3つ以下しか満たさな子供と比べて発症リスクが58%低かった!
2.さらに1項目満たすごとに発症リスクは18%低下する!
つまり、健康的なライフスタイルを送る子供ほどADHDを発症する可能性は低かったんですね。
 
ライフスタイルの影響はかなり大きいんですね。気を付けましょ。

ADHDを予防するライフスタイル改善

ADHDを予防するライフスタイル改善

 
ここからはADHDの発症を予防するために、どのようなライフスタイル改善ができるかを解説しています。ポイントは4つですね。
1.スクリーンタイムを減らす
2.食生活を改善し
3.運動の時間を増やす
4.睡眠の時間を増やす
特に食生活は、
・野菜や果物の摂取量を増やす
・ファーストフードなどの飽和脂肪の多い食事を減らす
・砂糖も取りすぎないように注意
していただきたいと思います。
次に、テレビやスマホを見る時間を減らして、その分外で遊んだり睡眠を十分にとる時間に充てるようにする。
 
これらのアクションを行っていただくようにすれば、お子さんがADHDを発症する可能性は低くなるはずですよ!
 

ADHDとライフスタイルまとめ

ADHDとライフスタイルまとめ

 
今回は不健康なライフスタイルとADHDの発症リスクについて、解説してきましたが、
発症リスクを低下させるためのポイントは、
ポイント
1.野菜や果物の摂取を増やすなど食生活を改善する
2.テレビやスマホ見る時間を減らして、運動や睡眠の時間を増やす
この2つのアクションがポイントですね。
 
また大人の方でもADHDに苦しんでいる方は、これらのアクションを意識して生活することで症状の改善が望めるかもしれません。
 
基本的には専門の医師の治療を受けながら合わせて行っていただくようにお願いします。
 
最後にADHDも悪いことばかりではありませんので、症状の理解とライフスタイルの改善を行って、うまく付き合っていくようにしてくださいね!それではまた。
 

 

参考文献
Loewen, Olivia K et al.(2020)Adherence to Life-Style Recommendations and Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder

にほんブログ村 健康ブログへ