60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

科学的にオススメの絵本は「因果関係のある絵本」

科学的にオススメの絵本は「因果関係のある絵本」

子どもが元気いっぱいで困るわ・・

コロナのせいで自宅に居ないといけないといっても、子どもは元気ですよね?
 
絵本でも読んで大人しくしてくれないかしら?とお悩みのお母さんに朗報です。
 
科学的に子どもが好む絵本の特徴が分かったんです。それは「因果関係のある絵本」です!
 
この記事の内容
・子どもは因果関係のある本を好むという研究
・因果関係のある絵本4選
この記事を書いた人

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/antoshia2n/20200419/20200419003219_120.jpg?1514479692?changed=1514479692

シアニン(id:antoshia2n)

年間2000本の研究論文を読むサイエンスブロガー。科学的な知識をベースにした分析が得意。コーヒーと猫を愛する。

 

因果関係のある絵本を子どもは好んだ

因果関係のある絵本を子どもは好んだ

3~4歳の子どもに絵本を読み聞かせた研究を紹介します。
 
バンダービルト大学の2020年の研究では、3~4歳の子ども48人に次の2種類の本を読み聞かせました。
1.因果関係の豊富な本 動物がなぜ行動するのか?やどのように見えるのか?
2.因果関係が少ない本 動物の特徴や行動を説明しただけ 
その後、子どもの反応や感想を調べました。その結果は
1.どちらの本も同じように興味と熱意を持って聞いていた!
2.子どもたちは「因果関係の多い本」が好きだと答えた!
つまり、因果関係の多い本を読んで上げるほうが、読書への関心を高めるのに役立つ!ということですね。
 
お子さんを読書好きに育てたいなら、因果関係の多い絵本を読んであげましょう!
 
ポイント 子どもは因果関係が豊富な本を好む!
 

因果関係の多い絵本4選

因果関係の多い絵本4選

 
お子さんの興味や関心を育てるには、因果関係の多い本がベストということがわかりました。
 
因果関係が豊富そうな絵本をいくつか探してきましたので、良かったらチェックしてください。
 

なんだろうなんだろう

 
なんだろうなんだろうは探究心を育むことが出来そうな絵本ですね。好奇心はお子さんの成長の重要な要素なので、かなり良さそうですね。

言い換えと探究の絵本です。他愛ない会話の中で立ち止まり、考えはじまる「なんだろう」。そして、さまざま概念の言い換えを試みる登場人物と、読む私たち。こたえに近づくこともあれば、漠然とした課題におののくこともありますが、「なんだろう なんだろう」を考え紐解いていこうとする中で、だんだん分かってくるものがありました。 それは、自分。そう、自分らしさは、「なんだろう」に溢れる自らの外側との真摯な対話にこそ見出だせるのものだったのです。読んで終わりにしない、参加型の読み方で活きてくる作品だと言えます。テーマにもよりますが、こどもから大人まで楽しめます。

出典:Amazon.co.jp

わたしうみにいったのよ

 
わたしうみにいったのよは美しい表現が特徴の絵本。想像力を掻き立てる少女の冒険の絵本。お子さんの想像力をふくらませることができそう。

5歳の娘に読んでもらいました。深い青を見ていると気持ちが落ち着きます。女の子が主役ですが、男の子でも入りやすい内容だと思います。すべて ひらがな なので、未就学児童でも読めますね。漫画みたいなものや、塗りがフラットな感じではなく、色彩が特徴的です。大きくなる過程で絵本も整理されると思いますがこの本はその時、残る本だと思います。大きくなってまた読んでほしい本です。

出典:Amazon.co.jp

おうさまがかえってくる100びょうまえ!

おうさまがかえってくる100びょうまえ!は数字がテーマの絵本。1~100まで続く数字を追っていくだけで楽しめちゃいます。お子さんの算数への興味を育てるのに役立ちそう。

もうすぐ4歳のこどもへ。臨場感にドキドキした新感覚の絵本でした。よく見ると色々な発見があり、最近まちがえ探しにはまっているこどももお気に入りの様子。100までの数字に触れるきっかけになって親としても嬉しい限り。長く楽しめそうなので、プレゼントにもおすすめな絵本です!

出典:Amazon.co.jp

はじめてのうちゅうえほん

はじめてのうちゅうえほんは大人が読んでも参考になる、子どもの宇宙への想像力を膨らませる本。お子さんの科学への興味を育ててくれるはず。

子供用として 文字と絵の量のバランスは良いかなと思います。月までの距離など、日常の乗り物に乗ったらどれ位かかるといった比較もあり子供に想像がつきやすい工夫もされていて、ゆっくりながらも、子供なりに宇宙に興味と理解が進んでいるようです。

出典:Amazon.co.jp
 
今回紹介した絵本を活用して、お子さんを読書好きで好奇心旺盛に育てちゃってくださいませ!ではまた。
参考文献
Margaret Shavlik et al.(2020)Children’s Preference for Causal Information in Storybooks


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ