60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

「ロボット」にも「人間性」が求められる時代がついにきたぞ!という研究の話

ロボットと人間性の社会的関係

 


この記事はこんな人におススメ

●「ロボットと仲良くなりたい」  
●「最近人間関係に悩んでいる」

 

ロボットと働く時代はもうそこに

今日は、「ロボットとチームを組んだらどうなるのか?」という研究の話をします。

これからの時代は「AI」の進歩などもあり、僕たち人間がやっている仕事を、どんどんロボットが担うようになっていくと思います。

 

そうなってくると、ロボットとチームを組んで仕事をするようになるかもしれません。 私が最近プレイしたゲームである「デトロイト」と言うゲームも、アンドロイドと人間社会の複雑な関係が描かれたものでした。

 

警察官のロボットである「コナー」と、人間のベテラン刑事である「ハンク」の物語は、胸に沁みるものがありました 。

 

今回の研究はロボットの性格によって、チームを組んだ人間たちにどのような影響があるのか?ということを調べました。

 

ロボットの性格と人間の行動の変化

ロボットの性格と人間の行動の変化

イエール大学の2020年の研究では、153人が参加し、「3人の人間とロボット」でチームを組みました。

 

そしてそのチームでタブレットによるゲームを遊んでもらいました。ゲームの内容は、ラウンドごとに鉄道網を広げてスコアを競うものでした。ロボットには3種類の性格が割り当てられ、

 

1.サイレントロボット。基本的に何もしゃべらない。

2.中立型ロボット。ゲームのラウンド終了時にスコアや、今何ラウンド目かといったアナウンスをする。

3.お茶目なロボット。ラウンドの終了時にジョークや小話をする。さらにミスをしたときには謝罪をしました。

 

すべてのロボットがゲームを遊んでいるときに、時々ミスをするようにプログラムされています。またそれによってラウンドの敗北がしばしば起こりました。ロボットの性格の違いによって、人間たちの行動は変化するのか?を調査したんですね。

 

その結果、

 

1.お茶目なロボットとチームを組んだ人間は、ゲームを約2倍の時間遊び、他のグループよりもゲームを楽しんでいると回答した!

2.中立なロボットよりも、お茶目なロボットとチームを組んでるときの方が、人間同士の会話も多くなった!

3.サイレントロボットとチームを組んだ人以外は、全体的な発言が多くなった!

 

おどろくことにこの結果は、僕たち人間がロボットに対しても、人間と同じように心を求めていると言うことになります。

 

ミスや失敗をしても謝らないような人は好きになれないですよね。 ペッパーくんのようなロボットが今後も登場すると思いますが、もう少しこのロボットのようにお茶目な性格になったら、もっと受け入れてもらえるんじゃないでしょうか?

 

ロボットのような人間にならないために

ロボットのような人間にならないために

ロボットですら人間性が求められるという事は、私たち人間はなおさら求められるということですよね。 人間関係や人脈作りなどに悩んでいる方も多いと思います。ロボットようなやつだな、と思われないためのポイントをいくつか解説しますよ。

 

素直に謝ろう

今回の研究から学ぶことができるのは、「間違いを素直に認め、謝るほうがいい」と言うことです。 私が人生のバイブルとしているデール・カーネギーの「人を動かす」にもこんなエピソードがあります。

 

「他人に間違いを指摘されて、他人から打ちのめされるより、自ら間違いを認めて自分で自分を打ちのめすほうが、ずっと気持ちが楽だろう。」

 

この言葉を読んで、いつも素直な気持ちで謝罪できるような人間になりたい、と思ったのを覚えています。

 

相手の関心事を褒めよう

人間関係におけるもう一つのポイントとしては、相手がどんなことに興味を持っているのか?ということを意識するということが大事です。 相手が関心を持っている、興味を持っていることを気づいてあげて、そこを褒めてあげると、「私のことをわかってくれるいい人だ」、と言う印象を与えることができます。

人間誰しも褒められたいものですよね?特に自分が興味のあることや、力を入れてることを褒められると、とてもうれしいものです。

例えば私は毎日論文を読んでいますが、「あの論文を理解できるなんてすごいね」みたいな褒められ方をすると、とても自尊心が満たされます(笑)。 ぜひ皆さんも相手が何に興味を持っているか?ということを意識して、周りの人に接してみてください。

 

今回のおススメの本としてやはり、「人を動かす」を紹介しておきます。先ほども述べたような、人間関係を円滑に進めるためのコツが、多数紹介されています。100年近くの間も愛される偉大な名著だと思います。ぜひ一度手に取ってみてください。

 

口下手なら一緒に散歩してみては?

とはいえ、なかなか「口下手で、うまくコミュニケーションが取れないよ」という方もいるかと思います。そんなあなたの役に立つ記事として、「口下手なら一緒に歩けばいいじゃない」をおススメします。

言葉が無くても、一緒に歩くだけで、仲良くなれるという研究の話です。参考にしてみてくださいね。

 

 

おススメ攻略本

おススメ攻略記事

www.bookoflifehack.com

参考文献

Margaret L. Traeger et al.(2020)Vulnerable robots positively shape human conversational dynamics in a human–robot team