60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

「有毒な性格」でも成功する奴の正体は?

f:id:antoshia2n:20200321132432j:plain

 

今日はあなたの職場にもいるかもな「有毒な性格」の人間がなぜ成功するのか?という疑問にお答えします。さらに、対策法も解説しますよ!

 

こんな人におススメ! 

「部下を正しく評価したい」
「嫌な同僚が出世してむかつく」

 

有毒な性格とは?

「有毒な性格」とは、誠実さと謙虚さが低い性格のことです。平気で人に嘘をついたり、約束を破ったりするやばい奴ですね。

 

さらに自己中心的で傲慢と、嫌な奴ですねえ(笑)。

 

しかし、こういうやばい奴に限って出世したり、評価が高かったりするのはなぜか?ということを調査した研究があります。

 

ソーシャルスキルが鍵!

ソーシャルスキルとは社交スキルのこと

 ボン大学の2020年の研究では、様々な作業チームにインタビューを行いました。

 

1.参加者にオンラインで調査。誠実さや謙虚さを評価。

2.参加者の同僚から、参加者のソーシャルスキルの情報を集める。

3.参加者の上司が、参加者の仕事のパフォーマンスを評価。

 

参加者、同僚、上司の合わせて203人が研究の対象となりました。その結果は、

 

1.性格の有毒な部分と、ソーシャルスキルのバランスをとることができれば、成功する!

 

なるほど、性格に問題があっても、うまくコミュニケーションをとればOKということですね。しかし研究者によれば

 

「策略、変装、詐欺はソーシャルスキルの暗黒面です。」

 

とのこと。つまり、有毒な性格のやつは、信頼できる人間に見せかけたり、自分が有利になるような策略を使うことができるよ!ということですね。

 

事前に対策をしておかないと、嫌なやつがドンドン出世して、ストレスだらけの会社になってしまいます。

 

ソーシャルスキルと誠実性の高め方

誠実性の高め方とは?

ソーシャルスキルとは、社会的なつながりを生む行動のことで、それ自体はとてもいいものです。

お互いに助け合うことで、日々のストレスを軽減したり、作業の進行を円滑なものにできるわけですね。

 

悪用を対策せよ

問題は「有毒な性格の人間」のように、ソーシャルスキルを悪用する存在です。

有効な対策としては、外見の印象や自信満々な態度、発言に惑わされることなく、作業のパフォーマンスに集中して評価することがポイント。

 

もしあなたが、部下を評価する立場にある上司ならば、純粋な生産性に目を向けるべきです。デザインではなく、機能に目を向ける必要があるんですね。

 

ソーシャルスキルは苦手という人は

また、「ソーシャルスキルに自信がない」というあなたには、この研究のもう一つの知見が役に立つと思います。

 

2.高い誠実性と謙虚さは低いソーシャルスキルを補うことができる!

 

要するに、正直で謙虚な態度でいれば、周りにうまく自分をアピールできなくても、十分に評価してもらえるということですね!

近年の心理学的研究でも「人生の成功に重要なのは、誠実性だ!」という主張が増えてきています。

 

誠実性を高めるには?

誠実性を高めるのにうってつけの攻略本として「やり抜く力 GRIT(グリット)」をおススメしますね。

 

心理学者のアンジェラ・ダックワース氏がGRIT(物事をやりぬく力)を高める方法を、科学的な研究を根拠に解説している一冊です。

オリンピックの金メダリストは何が違うのか?という疑問の答えが見つかるはずですよ。

 

また、別の方法として「毎日の記録をつけること」もおススメですね。

私はTwitterのフォロワー数や日々の睡眠時間などを手帳に記録するようにしています。

毎日の小さな習慣を続けることで、着実に誠実性を高めていくことができるんです。

 

後日振り返ると、数字の積み上げがモチベーションになるという点でもおススメですよ。

営業の仕事をされている方なら、アポイントを取った件数や電話をかけた回数などがいいかもしれませんね。

販売の仕事であれば、お客さんが立ち止まって話を聞いてくれた回数などを記録していくと、日々の業務の改善にも役立ちそう。

 

一緒に歩くだけでも仲良くなれる!

 さらに、「なかなか口下手でうまくしゃべれないという人」のために「口下手なら一緒に歩けばいいじゃない」という記事を紹介します。言葉が無くても、一緒に歩くだけで好感度が上がったよ!という研究を解説しています。こちらも参考にしてみてください。

 

 

 

今日の攻略本

 

今日の攻略記事

 

www.bookoflifehack.com

参考文献

Mareike Kholin et al.(2020)Why dark personalities can get ahead: Extending the toxic career model