60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

頭が良くなりたかったら、週に一度は魚を食べろ!

f:id:antoshia2n:20200320184413j:plain

 

今回は「魚を食べると、頭が良くなるよ!」という研究の話です。さかなクンさんが頭がいい理由も納得ですね!あれだけの知識を持てる理由は、魚を食べまくってるからに違いありません!ギョギョッ。

●こんな人におススメ

「賢くなりたい人」  
「学生さんや受験生の方」

 

週一の魚で頭が良くなった!

 カリフォルニア大学が2014年に行った実験で、65歳以上の高齢者を対象に、

 

1.9年間に渡って食生活をチェック

2.脳をスキャンして、脳の各領域の大きさを調べた

 

その結果、

 

焼き魚の食事量が多い人は、少ない人と比べて、

1.脳の記憶をつかさどるエリアが4.3%大きくなった!

2.認知機能をつかさどるエリアが14%大きくなった!

 

と結構大きな差が現れましたね。魚を食べたかどうかだけで、脳の大きさが変わってしまうわけですね。加えてこの研究では調理法にも言及していて、

 

3.魚をフライにして食べている場合は、この傾向は確認されなかった!

 

とのことです。アジフライはダメ!ってことですね。残念・・。でも刺身や寿司、焼き魚ならOKなので、日本人なら楽勝かと。

 

なぜ脳が大きくなるか?なのですが、魚に多く含まれる「オメガ3脂肪酸」が理由だと思われます。このオメガ3脂肪酸について解説していきます。

 

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランス

オメガ3とオメガ6のバランス

私たちが食事から摂取する油、いわゆる脂肪には実はいろいろと種類があります。魚に多く含まれる脂肪酸は「オメガ3脂肪酸」と呼ばれますが、この栄養は「オメガ6脂肪酸」とのバランスが健康において重要な枠割を果たすんですね。これから各脂肪酸の特徴と、健康になるための方法を解説します。

 

オメガ6脂肪酸とは

アレルギーなどを引き起こす炎症と関係がある成分で、摂取量を減らす必要があります。大豆油やコーン油などの植物油に多く含まれます。加工食品にも使用されるので、オメガ6脂肪酸を減らすには、

 

1.植物油を避ける

2.加工食品を避ける

 

といった対策が効果的です。

 

オメガ3脂肪酸とは

魚類やくるみなどに含まれる成分で、オメガ6脂肪酸との比率が1:1に近づくほど、オメガ6脂肪酸の悪影響を軽減することができます。サバなどに含まれる「DHA」(聞いたことあるはず)もオメガ3脂肪酸の仲間です。増やす方法は、

 

1.魚をたくさん食べる

2.くるみを適度に食べる(30g程度まで)

3.サプリを取る(酸化しやすいのでおススメはしない)

といった方法があります。

 

とにかくバランスが大事!

とりあえず、オメガ3を増やして、オメガ6を減らすことを心掛ければ、頭も良くなるし、健康になって快適な生活が近づく!ということだけ覚えておけばOKです!

 

結局のところ、魚をたくさん食べようぜ!という話なのですが、「魚は苦手」という人のためにサプリも紹介しておきます。

 

フィッシュオイル系のサプリは劣化しやすくて、難しいんですけど、ライフエクステンション社の製品は私も良く利用しますが、安全性が高いと思います。

 

また、もっと頭が良くなりたい!という人には、「 MINDダイエット解説 脳にいい食事のガイドライン!」をおススメします。脳にとって良い食事とは?という観点からセレクトされた食事法の目安です。このガイドラインに従って食事をするほど、脳のパフォーマンスが上がっていきますよ!

 

それではみなさん魚を食べまくって賢くなってくださいね~。ではまた。

 

 

今日のサプリ

 

今日の攻略記事

 

www.bookoflifehack.com

参考文献

Cyrus A. Raji et al.(2014)Regular Fish Consumption and Age-Related Brain Gray Matter Loss