60倍幸せになれる「人生の攻略本」

論文マニアが、人生の問題を科学で解決するブログです。

正しい制汗スプレーを選ぶポイントは?臭いの罠

f:id:antoshia2n:20200310213445j:plain

 

春が近づいてきて、少しずつ温かい日が増えてきましたね。エクササイズやウォーキングに適した気温になってきました!

 

しかし、私のようなおっさんが気になるのが「腋や汗の臭い」でございます。みなさんも気にはされていると思いますが、どのように対策されていますか?

 

となるとメジャーなのは「制汗剤」ですよね?私も学生時代はシューシューして、部室にいろんな制汗剤の臭いが混ざって大変でした(笑)。

 

ですが、「制汗剤を使うと逆に腋が臭くなっちゃうよ!」という研究があるんです!

 

 

 

 

制汗スプレーでむしろ臭いが悪化⁉

これはゲント大学の2014年の研究で、8人の参加者にまずは1か月、何も使わないで過ごしてもらって、その後に、

 

1.制汗スプレーを1か月使うグループ

2.やっぱり1か月何も使わないグループ

 

に分けて臭いをチェックしたところ、1番の制汗スプレーをガンガン使うグループは、臭いの元となる菌がどんどん増えちゃった!

 

なんでこんなことが起こってしまうのか?というと、制汗スプレーが腋の臭いを抑えてくれるいいバクテリアまで殺してしまうから、なんですよね。

 

スプレーを使った直後は香りがよくなるけど、時間とともに腋の下の状態が悪化して、臭くなっちゃう。おええ。

 

犯人はアルミニウム?

じゃあ制汗剤は使っちゃダメなのか?という話なのですが、実はアルミニウム系の成分が、バクテリアにとってヤバイらしいので、アルミフリーの製品ならよさげ

 

「デオナチュレ」シリーズあたりがアルミフリーでいい感じでございます。似たようなミョウバン系制汗剤をお使いくださいませ。

 

隣のデスクの人に嫌な顔をされる前に、腋の環境も整えて春を迎えましょう!

 

参考文献

Chris Callewaert et al.(2014)Deodorants and antiperspirants affect the axillary bacterial community